築年数50年以上の建物をさらに使用し続けることが弊社の特徴です。通常は取り壊して新たに建物を構築し収益性を計るのが一般的ですが、収益性について検討してみました。

古い建物を解体し新たに建物を構築すると当然費用がかかり借り入れををしなければなりません。

費用(投資)にあった収益が得られればいいですね。得られると思います。

しかし、いつまで得られるの?いつまで借金を返さないといけないの?

賃貸マンション建設会社からの営業で将来のために遊休地を活用して建物を再建築するとかを検討させられますが将来確実に収益を確保できる保証はありません。むしろそのような営業スタイルでどんどん賃貸マンションおよびアパートが乱立しています。

再開発等は乱立した状況を確認し終えた時点から考えたいですね。5年間後まで待ちます。

進捗状況 1月状況

 

耐震補強工事

土間打設状況

スロープ打設

配線養生状況

仮囲い状況

仮囲い状況

 

 

コメントを残す

 

 

新着ニュース

カテゴリー

月別アーカイブ

新着写真

検索